HOME情報ひろば ≫ 活動報告


活動報告
活動報告/セミナー「三井のすまいモール シニアのための「住まい」と「お金」セミナー&相談会」


 2019年1月19日(土)に三井ホーム新百合ヶ丘、26日(土)に三井のリハウス藤沢センターにて『シニアのための「住まい」と「お金」セミナー&相談会』が開催されました。
 今回のセミナーは三部構成となっており、健康で豊かに暮らすための住まいづくりから多様化する高齢者施設・住宅、自宅を売却する際に知っておきたい基本知識まで、シニアのお客様に関心の高い「住まい」と「お金」について幅広い知識と情報をお伝えいたしました。

  セミナー名 講 師
第一部 セカンドライフに備える住まいづくり 三井のリフォーム 相澤美奈子氏
第二部 シニアライフを豊かに暮らす住まいの選び方 三井不動産ケアデザイン室 水野朝子
第三部 お住まいの売却基礎講座 三井のすまいモール 守永耕輔氏

 両日とも第二部の講師をケアデザイン室介護コンサルタントの水野朝子が務め、「シニアライフを豊かに暮らす住まいの選び方」と題し、シニアの暮らしの変化や住み替え事例、代表的な高齢者の住まいの特徴について説明しました。会場周辺にあるいくつかの高齢者施設・住宅については共用施設や居室の写真をお見せしながら、その特徴や入居要件、受けられるサービス、費用等について紹介しております。

 また、トラブルとなることが多い入居一時金の初期償却や償却の仕組み、定額の月額費用以外に必要となるお金についても詳しく説明いたしました。

 セミナー終了後、「主人に先立たれ、これからのことを考えなくてはいけないと思っている。考えるきっかけとなって良かった」、「長年母の介護に苦労したため、自分のことは早めに考えておきたい」等のご感想をいただきました。

 近年、国が推進する地域包括ケアシステム(「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」を一体的に提供する仕組み)によって、要介護状態になっても住み慣れた地域で最期まで安心して暮らし続けられるようになってきています。また、大手デベロッパーが相次いでシニア住宅事業へ参入したことで、シニア向け分譲マンションや自立者向けのサービス付き高齢者向け住宅等、アクティブシニアを対象とした住まいも増えております。
 シニアの住まいの選択肢が広がっていることで、“最期まで自宅で暮らし続ける”、“元気なうちに早めに安心できる住まいへ住み替える”等、ご自身が望むシニアライフを実現しやすい環境となっているのではないでしょうか。
 今回のセミナーが自分らしい住まいや暮らし方、望むライフスタイルを考えるきっかけとなれば幸いです。

 ケアデザイン室では、2019年3月8日(金)に、三井のすまいモール目黒にて「シニア世代の住まいの選び方相談会(無料)」を開催いたします。介護コンサルタントが高齢期の生活の場に関するご相談を承りますので、是非ご来場ください。 

※相談会は事前予約制(三井のすまいモール目黒 ☎0120-716-321)です。

第一部講師 三井不動産リフォーム相澤氏

第二部講師 ケアデザイン室水野

第三部講師 三井のすまいモール守永氏


ページの先頭へ戻る