HOME情報ひろば ≫ Webレポート「マイ ケアデザイン」


情報ひろば Webレポート「マイ ケアデザイン」
地域型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅「アクラスタウン」 地域住民が集まる“まち”「アクラスタウン」

 福岡県大宰府市に高齢者だけでなく、若い世代やお子様連れのママさんなど地域に住む人々が自然と集まる“まち”「アクラスタウン」がある。閉鎖的になりがちな高齢者施設に食堂やカフェ、フィットネス等を併設させ、誰でも気軽に立ち寄れる場所を用意して地域の住民が集まる仕組みを作った。ここに寄せられる住民の困りごとやニーズを上手に汲み取り、それらを具現化することで“まち”の力を高め、発展し続けている。

 これらの施設を運営するのは株式会社誠心(福岡県太宰府市)。代表である吉松泰子氏が看護師や福祉業界の経験を活かして、“高齢者の「暮らし」から「看取り」まで支える住まいをつくりたい”という想いで設立した会社だ。2005年、介護付有料老人ホーム「アクラス五条」を開設し、その後、終末期の方を対象にした在宅ホスピス「プランダムール」をつくり、看取りまでおこなっている。
 2012年には住宅型有料老人ホーム「アクラスタウン」がオープン。高齢者住宅経営者連絡協議会が毎年最も優れた取り組みをしている高齢者住宅を選考し、表彰する“リビング・オブ・ザ・イヤー”の2014年第1回大賞の受賞や医療福祉建築賞を受賞するなど建物や施設の取り組みが高く評価され、注目を集めるようになった。その後も、「アクラス五条」をリニューアルしてご入居者の生活環境の向上を図り、1階にフィットネスとカフェを開いて地域住民も利用できるようにした。
 2014年には、全国でも珍しい戸建てタイプのサービス付き高齢者向け住宅「アクラスヴィレッジ」を開設。新たにお元気な方のための暮らしの場が加わった。これによりお元気な方から終末期の方まで安心して暮らすことのできる住まいのバリエーションが増えた。
 また、「アクラスヴィレッジ」の隣に地域のコミュニティセンターとしての役割を担う「アクラス倶楽部」を設け、ご入居者や地域住民が交流を図れるよう様々なイベントやクラブ活動などを開催している。また、誰でも自由に利用できる集会所や地域の子供たちのためのキッズルームを開設するなど、(株)誠心に寄せられる住民の声に応える形で地域のニーズに合ったサービスを展開し拡大を続けている。

 まずは注目度の高い住宅型有料老人ホーム「アクラスタウン」からご案内しよう。

アクラスタウンイメージ図

「アクラスタウン」外観

「アクラス五条」外観

「アクラスヴィレッジ」外観


※ このレポートの情報には細心の注意を払っておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。
また、このレポートはケアデザインが見学した施設の情報を簡易にまとめたものであり、これをもって当方による推薦・紹介等を意図したものではありません。


ページの先頭へ戻る