HOME情報ひろば ≫ Webレポート「マイ ケアデザイン」


情報ひろば Webレポート「マイ ケアデザイン」
シニア向け分譲マンション「中銀ライフケア横浜〔港北〕 」 シニア向け分譲マンションのパイオニア

 「中銀ライフケア横浜〔港北〕」は、昭和40年代初頭より開発が進められた港北ニュータウンの一角に開設されているシニア向け分譲マンションである。住宅・都市整備公団(現「UR都市機構」)の民間活力の導入第一号モデルとして昭和63年にオープンしてから29年、暮らしを彩る豊富な共用施設と栄養バランスの整った食事の提供、24時間常駐の看護師や併設クリニックの医師による健康相談など、長年培ってきた事業ノウハウを強みにシニアの暮らしをトータルにサポートしてきた。

 事業を手掛けるのは、日本で初めてシニア向け分譲マンションを供給した企業としても知られる中銀グループ。中銀グループは、企画・開発・分譲を担当する「中銀コーポレーション㈱」と管理・運営を担当する「中銀インテグレーション㈱」、介護付有料老人ホームを運営する「中銀ライフケアホーム㈱」の3社を柱に構成されており、シニア向け分譲マンションの開発から、入居者に介護が必要となった時の受け皿となる介護施設の運営までを一貫して行っている。

 まずは、「中銀ライフケア横浜〔港北〕」の施設概要から説明する。

【中銀ライフケア横浜〔港北〕 施設概要】

住  所 神奈川県横浜市都筑区新栄町14-1
最 寄 駅 横浜市営地下鉄「仲町台」駅より徒歩10分
種  別 シニア向け分譲マンション
敷地面積 20,108.75㎡
建築面積 4,908.25㎡
建  物 地上14階、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
建物竣工 昭和63(1988)年3月
管理会社 中銀インテグレーション株式会社
権利形態 所有権方式
入居時の要件 55歳以上で身の回りのことが自分でできる方
総居室数 443戸
居室面積 43.28㎡(1LK)〜58.69㎡(2LK) ※全13タイプ
公式サイト http://www.nakagin.co.jp/lc-yokohama/

エントランス付近

せせらぎ公園からの外観

周辺環境(公開空地)

周辺環境(せせらぎ公園)


※ このレポートの情報には細心の注意を払っておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。
また、このレポートはケアデザインが見学した施設の情報を簡易にまとめたものであり、これをもって当方による推薦・紹介等を意図したものではありません。


ページの先頭へ戻る