HOMEお役立ち基礎講座自分らしい住まい ≫ よく分かる高齢者施設&住宅


自分らしい住まい
よく分かる高齢者施設&住宅 Step1 自分のニーズを確認する

ホーム探しの第一歩は、「これから先、どんなシニアライフを過ごしたいのか?」
自分のニーズを確認することから始まります。情報収集を始める前に、まず自分自身の希望の生活像を明確にすることがポイントです。

Step2 有料老人ホームの知識を得る

本やホームページ、パンフレットなどいろいろな媒体から情報収集し、 施設のタイプやサービスの種類、居住形態や入居時・入居後にかかる費用など、一般的な有料老人ホームの知識を得ましょう。
目を惹く「売り文句」ばかりでなく、「マイナスの情報」にも耳を傾けることが大切です。

Step3 資金計画を立て、条件に合う施設へ資料を請求

自分が用意できる金額を算出し、資金計画を立てます。
予算内で条件に合う施設を調べ、ピックアップした施設に資料請求しましょう。

請求する資料

特にここをチェック!有料老人ホーム“チェックポイント”<見学前>

Step4 有料老人ホームの実施見学・体験入居
ホームの見学 パンフレットや料金表などの資料では分からない、スタッフの印象、設備、食事など、施設を実際に見学しホームの雰囲気をチェック。
自分が入居した時の暮らしをイメージして確認することが大切です。可能であれば食事の試食を希望しましょう。
ホームの体験入居 実際に滞在して初めて分かることも多々あります。見学し、好印象のホームが見つかったら、体験入居をおすすめします。
食事は? スタッフの対応は? 入居者の様子は?など、自分の目と耳で確認します。

有料老人ホーム“チェックポイント”<見学時>

Step5 不明・問題点の確認

契約前に、再度「重要事項説明書」などに目を通し、不明な点が残らないようにホーム側から納得するまで十分に説明を受けましょう。

特にここをチェック!

Step6 契約・入居

入居したいホームが決まったら、入居契約書と重要事項説明書の説明を受け、入居の手続きを行います。
入居にあたってほとんどのホームで「保証人」や「身元引受人」が必要となりますので、事前にお願いしておくなど準備が必要となります。
認知症などにより判断能力に心配がある場合、成年後見制度の活用が考えられます。
保証人や身元引受人がいない場合はホームに相談してみましょう。


ページの先頭へ戻る