HOMEお役立ち基礎講座大切な人の介護 ≫ 認知症のケア


大切な人の介護
認知症のケア 認知症の基礎知識 認知症になる原因とは?

 認知症とは、いったん正常に発達した認知機能が何らかの脳の異常によって持続的に低下し、日常生活に支障をきたす状態のことを指します。
 認知症の原因となる病気は70種類以上あると言われ、その中でも日本で代表的なものは以下の4つ。
 それぞれ症状の現れ方や経過のたどり方に特徴があります。

 ※ ものごとを記憶する、判断する、人とコミュニケーションをとるなど、日常生活を過ごすために欠かせない脳の働き

アルツハイマー型認知症

脳の神経細胞にβアミロイドなどが
過剰に蓄積し、主に海馬・頭頂葉の萎縮が起こる

特徴

・少し前のことが憶えられない
・服の着方が分からない

レビー小体型認知症

脳にレビー小体という異常なタンパク質が現れ
血流障害が起こる

特徴

・幻視、誤認を起こしやすい
・動作が緩慢になる

前頭側頭型認知症

主に前頭葉や側頭葉の血流障害と 脳の萎縮がみられる

特徴

・感情を抑えられなくなったり
 同じことを繰り返したりするようになる

脳血管性認知症

脳梗塞などで脳の血管が詰まったり
破れたりすることによって脳の働きが悪くなる

特徴

・手足の痺れや麻痺、
 言語障害などが生じる

ページの先頭へ戻る

ページ1ページ2ページ3ページ4ページ5次へ